top

屋根のリフォーム

clearBoth

危険な症例

1.和瓦ico 矢印

屋根材に使用される『瓦』は、1枚1枚重なって積み上げられお互いに補強し合っておりますが、最終的に全てを留める役割をしているのは、『棟(むね)』になります。
したがって、瓦屋根では、棟が1番大切になります。
もし、棟に傷みやカビ、ヒビや割れなどが起こりますと、全ての瓦の致命的な損傷になり、綺麗に並んだ瓦に歪みが出てきてしまいます。(このことを暴れると言います。)
こうなってしまいますと、屋根瓦が崩れたり、雨漏りしたりするのは、時間の問題です。
お客様のお宅は大丈夫でしょうか? 下記の危険な症例をご覧ください。

<前へ 1~5件を表示しています 次へ>

top
bottom
こんな症状があったら、危険!!
和瓦の傷み

棟の瓦を取ったところです。本来は泥がいっぱいになっている筈ですが、流れて無くなってしまっています。

top
bottom
こんな症状があったら、危険!!
和瓦の傷み

棟の瓦がずれてきています。

top
bottom
こんな症状があったら、危険!!
和瓦の傷み

棟に歪みが出てきています。

top
bottom
こんな症状があったら、危険!!
和瓦の傷み

瓦の下を覗いて見ますと、防水シートの上に、漆喰の裏側にある筈の泥土が出てきてしまっています。

top
bottom
こんな症状があったら、危険!!
和瓦の傷み

瓦が1枚1枚、下にずれてきています。

<前へ 1~5件を表示しています 次へ>

ご質問・ご依頼はこちら | 電話・メール、どちらも無料お問い合わせ | Tel. 0120-55-52-89 | 外壁塗装や屋根修理のリフォームをお考えなら
お問い合わせ
無料お見積もり
clearBoth
sidenavi-end